相続したマンションをサブリースの契約を締結して貸すことにしました

空き室リスクの少ないリース契約でリース料を得ることに決定

マンションの相続により不動産業者に売却か賃貸かの相談 / 賃貸にしても色々な契約プランがある / 空き室リスクの少ないリース契約でリース料を得ることに決定

空室募集などは難しい作業になり、煩わしい管理をすることはできませんからサブリース契約を不動産会社と契約して、定額の賃料を収益として確保することを選択しました。
理由としては、サラリーマンでありできるだけ税金面でも考慮することができることが分かったからです。
不動産会社にリースする形式のほうが減価償却などの煩わしい作業をすることもなく賃貸ができます。
リース契約でリース料をもらうような形をとった方が、主なる収入から考えて将来的にも有利になります。
一番この方式をとった原因は、やはり空室リスクがないことです。
いかに利便性のいい場所であっても、賃貸中の人が長く借りてくれるとは限らないことと、低層のマンションで階段しかない点もマイナス評価を受けていました。
安心して物件管理もしてもらえるようでやはりマンション管理のプロに管理してもらうのが最適だと考えたのです。
相続から貸し出しまでそんなに間隔を置かずに対応できた点と、毎月の定期収入を得られることで満足しています。

マンションを貸すマンションで毎月副収入